« 色の本 ~アロハな色~ | トップページ | 七夕に寄せて »

2010年7月 2日 (金)

ハワイの思い出

ハワイの写真集で気分を良くし、様々な思い出が浮かんできたので綴っておこうと思う。

海外旅行は好きで、あっちこっち行く機会に恵まれた。中でもリピートしている唯一の渡航先がハワイ・オアフ島である。そして、初めての海外旅行もハワイ・オアフ島であった。

友人3人と真夏のオアフ島で泳いだのは、もう15年も前のこと。これが初ハワイ。後にも先にも、この時のワイキキビーチでの遊泳が唯一となっている。家族の誰も海外旅行の経験者がいなく、母が心配してくれたことをよく覚えている。ひったくりに遭わないように、持ち歩くバッグに工夫を凝らしたり、過剰に思える保険にも加入した。日本時間を気にしながら国際電話もかけた。初めての国際電話にドキドキした。

初めての海外旅行で、もちろん初めてづくし。いろいろ学んだ。

この時の旅行で、ある有名ショッピングセンターのバス亭でバスを待っている時、ひったくりを見かけた。日本人カップルの女性の方が狙われてしまったのだ。男性が追いかけたが、すぐに諦めた。銃でも所持しているかもしれないから、深追いしないで正解だったのかもしれない。ブランドものを袋を持っていると、狙われやすいと知った。

Avox0010

二度目のハワイ・オアフ島は、両親とともに。父の定年のお祝いに二人にハワイ旅行をプレゼントしたのだが、海外旅行をしたことがない者だけで行くのは心細いから着いて来てくれと言われ、同行したのだ。

オアフ島は日本語も通じるところが多く、英語が苦手な私でもあまり困ることはない。市バスに乗って、両親をパールハーバーとえひめ丸の慰霊碑があるカカアコ海浜公園(父の希望)へ連れて行ったり、ポリネシアカルチャーセンター、ノースショアなども巡った。

一番思い出に残っているハプニングは、初めてヒッチハイクをしたこと。カカアコ海浜公園からの帰り、父がカメハメハ大王像が見たいと言い出し、近いことから無料のオリオリバスに乗って向かったのだが、それほど近くまでは行けず、長距離歩くのが困難な父のためにヒッチハイクするはめになったのだ。日本人らしき男性に声をかけたのだが、日本語が通じず、少々時間はかかったが、カメハメハ大王像のところまで乗せてくれることに。ハワイの人の優しさに触れ、三人で感激したものだ。

Avox0061

三度目のオアフ島は、大学を退職した直後、自分への褒美として10日間滞在した。水族館へ行ったり、ダイヤモンドヘッドに登ったり、アラモアナショッピングセンターでショッピングしたり、客船でサンセットクルーズを楽しんだり、フラダンスショーを観たり、ハワイアンジュエリーを探し歩いたり…。一人は気ままでいい。好きな時に好きなところへ行けるし、予定をドタキャンしても、誰にも気を遣わなくていい。

一人旅ということもあってか、旅行中の日本人、現地人問わず、ナンパされた。日本人男性は、既婚者であったが、会社の同僚同士の旅行ということではめを外したかったのだろう。もう一人の日本人男性は、奥様同伴にもかかわらず、いろいろ話しかけて来て、奥様に睨まれていた。現地の人も、日本語ができるので無視できず困った。人が良さそうに見えるのだろうか。

Photo

四回目のハワイはオアフ島ではなく、ハワイ島のみ。ビッグアイランドと呼ばれているだけあって、周遊できないくらい大きい島だった。

新婚旅行だったので、ツアーには参加せず、どこへ行くにも二人で計画し、出かけた。夫の運転する車で、キラウェア火山やボルケーノの街を回り、プルナウ黒砂海岸でウミガメに出会った。富士山より高いマウナ・ケアの山頂からサンセットと世界で一番の星空観測をし、流れ星二つに永遠の愛を誓った。何にでも一生懸命だった夫の姿が目に焼きついている。新しい人生の指標となった旅行だった。

Avox0065

人生の転機に訪れたいと思う場所があることは、力になる。こういう場所があることを、心底幸せに思う。

大切な節目に訪れた思い出の地、ハワイ。大地と宇宙エネルギーを全身で感じられるハワイは、今注目のパワースポットである。大自然に身を委ねる心地良さは、病み付きになってしまう。きっと、今後も足を運ぶことだろう。

|

« 色の本 ~アロハな色~ | トップページ | 七夕に寄せて »

コメント

それにしてもハワイの空って青いですね~
ホント別世界ですね。
マウナケアの天文台ですよね?
確か一気に車で登ってはいけなくて、途中で何分か休憩しないとダメなんですよね。
元気なうちに(って年でもないか:笑)一度行ってみたいと思うところです。
いつのことになるやら。

南国の空港ならではの、デッキからではなく低い位置から見た飛行機、好きな光景です。

投稿: ゴーヤー | 2010年7月 5日 (月) 23時41分

ゴーヤーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
掲載写真は、いずれもハワイ島で撮影したものです。デジタルカメラは結婚後に購入したので、新婚旅行で行ったハワイ島の写真しか掲載できませんでした。ちなみに、新婚旅行は入籍後ちょうど一年後に行きました。マウナケアに登ったのは、初めての結婚記念日でした。
さすが、ゴーヤーさん、3枚目の写真は、マウナケア山頂にある日本の天文台「すばる」です。各国の天文台が、点々としていました。さぞ条件がいいのでしょうね。そんな山頂で星空観測ができたことを光栄に思います。新月だったら言うことなかったのですが、fullmoon満月が近づいていました。
山頂に行く途中、一回休憩を取りました。その直前に、ここでしか見られない珍しい銀色をした植物を観賞しました。触ってしまうと死んでしまうということで、植物は柵で囲われていました。これも休憩と数えるなら二回ですね。ゆっくり歩かなければ、息が弾んで苦しくなります。ちょっと珍しい体験でした。
airplaneハワイ島は直行便がありますから、それほど遠い島ではないですね。いつかゴーヤーさんの願いが叶いますように。

投稿: ゴーヤーさんへ | 2010年7月 6日 (火) 12時21分

リピートしている土地は今はありませんが、きっと今のところはニュージーランドかカナダになるのでしょう。その二カ国しかいったことがないということでもありますが^^;

知人もハワイに行っている人はいますが、そこが初めてだとか新婚初稿とか、僕でいう先に挙げた二つと同じような、”きっかけ”がある人が多い気がしました。

きっかけは何にせよ、それが縁の一つだと思います。日本とは違い、自然のそのものの色がみられる国々は、実際にいかなければ感じることができないわけです。写真集や自分で撮ってきた写真を見て、その興奮と感動と、場合によっては匂いまでもが一気によみがえってくることもありますよね。

 僕も一度は訪れてみたいと思います。いいなぁ、海外!

投稿: Laylack | 2010年7月19日 (月) 19時30分

Laylackさん、こんにちは。
初めて訪れた海外は、誰にとっても感慨深いものがあるものです。やはり国外ですものねwink
自然が満喫できるニュージーランドとカナダというところが、Laylackさんらしいと思いました。カナダはナイアガラの滝とトロントの街しか行かなかったのですが、もっと人口の少ない緑の多い街にも行ってみたいですね。
ハワイは人を惹きつける魅力があります。moneybag ショッピングやマリンスポーツyacht など、目的は人それぞれでしょうが、ハワイの大地そのものに何か他の地と異なるパワーが秘められている気がします。私はその辺が好きで、リピしている感じです。現地の人も気さくで好きです。アメリカ人は優しい人が多く(私が出会った人たちは)、学ぶことも多いです。
縁は大切にしたいですよね。訪れる場所も、出会う人々も、縁以外のなにものでもないですから。
エジプトに行ってみたいと思っていながら、まだ行っていません。機会はあるかしら。

投稿: Laylackさんへ | 2010年7月20日 (火) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色の本 ~アロハな色~ | トップページ | 七夕に寄せて »