« ハワイの思い出 | トップページ | ご当地銘菓 »

2010年7月 7日 (水)

七夕に寄せて

今日は七夕。子どものころは、7月7日に雨が降ると、織姫と彦星が会えずにかわいそうと、本気で気の毒に思っていた。梅雨真っ只中のこの日、あまり晴れることがなかったように思うから、ほぼ毎年小さな胸を痛めていただろうと回想する。

都会では、本当に些少しか星が見えない。この星の数が当たり前だと思って育った。沖縄の竹富島で見上げた満天の星空に度肝を抜かされ、サイパンで突然車から降ろされ指差された方角に南十字星を発見し言葉を失い、ハワイ島のマウナケアの頂上で世界で一番天体観測に適するという星空に目が釘付けになり、オーストラリアのケアンズで本が読めそうなくらい明るく輝くあまたの星々に口が半開きになった。

地球のどの位置に立つのか、新月なのか満月なのか、どの季節か、何時か、天候は。様々な条件で、見える星座や天の川の位置が異なる。なんて神秘的なことだろうか。地球も、そんな神秘的な宇宙を構成する唯一無二の星なのだと思ったら、大切にしないわけにはいかない。

星の位置で暦を作った古人の知識の高さに脱帽である。

今宵は晴れるだろうか。私は東京で研修。帰り道、夜空を見上げてみよう。

|

« ハワイの思い出 | トップページ | ご当地銘菓 »

コメント

星は見えましたか?
残念ながら都会では満天の星はなかなか見ることが出来ませんね。私も何度か赤道を越えた旅でサザンクロスを見たことがあります。不思議なもので、こっちは飛行機やバスに乗ったり歩いたり、そしてやっとたどり着いた地なのに、星空の模様はあまり変わりはないんですからね。自分がちっぽけに感じます。私の田舎でもまだ降るような星たちが見えます。今年の夏は花火だけでなく、ゆっくり夜空を見上げて見ることにします。でもぴろろさんの回りには、輝いてるのは星だけではないでしょう、きっと!(笑)

投稿: You | 2010年7月 9日 (金) 15時26分

 ぴろろさん、こんばんは
 「本が読めそうなくらい」 にはとても驚きました。
 東京では星はほとんど見えません。金星と火星ぐらいでしょうか。子供の頃(東京で)、月食を見ていたら、月が隠れるにしたがって、すばるが見えるようになったを覚えています。

投稿: | 2010年7月 9日 (金) 19時58分

Youさん、こんにちは。
お返事が遅くなり、すみません。金・土・日と忙しくしており、パソコンを開けられませんでした。
七夕の日、傘を差しながら、東日本橋にいました。今年も残念でしたねぇ。本来なら、旧暦の7月7日と言いますから、今で言うお盆のころ。それくらいだったら、晴れの確率は上がりますよね。
無限大という言葉は、宇宙のためにあるような言葉ですね。端はないんでしょうか。考えると地球に生まれて来たことすら、奇跡のように感じます。他の星にも生命体がいるように思えます。
Youさんのご実家からは、ずっと素晴らしい星空がいつまもで見られることを祈っています。

投稿: Youさんへ | 2010年7月12日 (月) 16時38分

fkmamikoさん、こんにちは。
IPアドレスからfkmamikoさんだと知りました。お返事が遅くなり、すみません。忙しくしており、パソコンが開けられませんでした。
東京や神奈川など、明かりが多い地域では、本当に星が見えませんね。近くの浜辺に行くと、少し見えるのですが、地方に比べるとそれこそ宇宙的に数が違います。
金星は目立ちますね。どこかで、望遠鏡で展開観測をしたことがあります。土星の輪を見せてもらいました。感激すたことを思い出しました。
それにしても、太陽は地球の直径の109倍もあると聞き、驚いています。そんな太陽も、宇宙でも小さい星なんですよね。

投稿: fkmamikoさんへ | 2010年7月12日 (月) 17時12分

もうすでに夏真っ盛りではありますが、七夕の話題に心をタイムスリップしてみました。
我が家ではだんだんと、主役が子供にかわってきていることは確かでしょうが、それでも生涯前進あるのみなLaylackこと私は、その日も主役気分でした。
といいますか、小さい頃に二つの星が主役だったのに嫉妬しておりました^^;
うちは短冊にそれぞれのお願いを、それこそ下手ですが書き記しまして、もらった笹を棚にくくりつけただけです。
それでも、とびきりの七夕様でしたよ。

星座を知り始めたときに(今も知っているのはオリオン座とか北斗七星くらいですが)、昔の人のその心の柔軟さに驚きました。もちろん小さかったときですから、今みたいにロマンティックにそして感慨深げに思いをはせたりはできませんでしたが、それでも小さいながらに、観測地点からの距離は全く違うのに、その星々をつなぎ合わせて物語を紡いでいくのにすごいなぁと単純に思いました。変な話、横から見れば星座でも何でもありませんし、地球の僕らだからこそみることのできるその特別さを与えられたことに、これまたすんごいなぁと思っていました。

あれ?まてよ?僕はもしかしたら特別なんじゃ!?なんて、子供だからそんなところに帰結したわけだんですが、それは当時衝撃的だったらしく、今でも僕の頭の記憶にはバシッと鮮明に出てきます。

投稿: Laylack | 2010年7月25日 (日) 18時12分

こんばんは。お久しぶりですhappy01
小さい頃、笹の葉に願い事を書いた短冊、私も書きましたよ~。「成績が上がりますように」が定番の願い事でした。高校では、ご自宅から笹の葉を持って来られる先生がおりまして、みんなで短冊を吊るした記憶があります。
なるほど…ですね!一つ星座を構成する星々は、地球からの距離がそれぞれ異なりますね。う~ん、頭ではわかっているけれど、しみじみそんなふうに考えたことがありませんでした。距離と言っても、気が遠くなるほどの天文学的な数字。光が届いているだけでも、十分神秘的なことなんですね。ロマンチックな気分になるのも頷けます。
子どもの私は、大昔に発せられた光が、やっと地球に届いているのだという真実が、実感できませんでした。地球と他の星との距離ほどに、離れたものとものを知りませんでしたから。
宇宙って、永遠に神秘的な存在ですねnight

投稿: Laylackさんへ | 2010年7月27日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワイの思い出 | トップページ | ご当地銘菓 »