« 沖縄戦没者慰霊式典 | トップページ | ハワイの思い出 »

2010年6月28日 (月)

色の本 ~アロハな色~

ハワイの写真集を見つけた。背表紙のタイトルを目にしただけで心惹かれ、手に取り、表紙を見たら、一瞬のうちにハワイ時間に浸った気がし、全身の筋肉が緩んだ。

就寝前、ページをめくってみた。カラフルなハワイの写真が、目の前を通り過ぎていく。特に、訪れたことのあるオアフ島とハワイ島のページには釘付けになった。

写真集は、色ごとのカテゴリーでまとめられており、レインボーから始まっている。ハワイで虹はよく見ることができる。車のナンバープレートにも虹があしらわれている。名物シェーブアイスも虹色。父と一緒に、いっ時、涼を得たことを思い出す。

ハワイ固有種の白いハイビスカスや噴火した地層に含まれている物質が砕かれた緑の砂浜(グリーンビーチ)、日本では大騒ぎになりそうなピンク色の建物(ロイヤルハワイアンホテル)、オヒアレフアの真っ赤な花、流れ出た溶岩の黒。多彩な色が存在していることを改めて感じた。それぞれの色の主張はしっかりあるのに、うるさくならず、街にマッチしているのがハワイの特長かもしれない。

この写真集は、心身ともにゆるゆるになる。寝る前に読めば子守唄代わりに、休日の昼下がりに眺めれば大自然のBGMを奏でてくれる。キラメク太陽、心地良い潮風、さらさらの砂、甘く熟したパイナップルなどが、次々に現れては消える。自宅が癒しのサロンに変身。写真集は視覚だけではなく、聴覚、嗅覚、味覚、触覚と五感をフルに使って楽しめるものなんだ。

色で旅するハワイ Book 色で旅するハワイ

著者:高砂 淳二,山下 マヌー
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 沖縄戦没者慰霊式典 | トップページ | ハワイの思い出 »

コメント

わかります、わかります。
ハワイって、独特の色と雰囲気を持ってますね。そりゃぁどこだって独特ですけどハワイはやっぱり独特なんですよね~。
なんだか意味のわからない書き込みになってしまいました。

そして南の島の持つ癒しの雰囲気、それがいっぱい詰まった写真集を枕元に置いておくだけで、楽しい夢の世界に行けそうです。

それにしても大変ご無沙汰しました。

投稿: ゴーヤー | 2010年6月30日 (水) 20時41分

お久しぶりです。ご訪問、ありがとうございます。
アメリカはいろいろな国の人が集まる都市や島がありますが、ハワイもその一つですね。チャイナタウンがあったり、当たり前のように日本語が通じたり。ワイキキを歩いていると、様々な国籍の旅行者とすれ違います。人気の都市ですね。
独特の島であることは、おそらく訪れたことのある多くの方々が認めるところでしょう。私はなんか懐かしさすら感じました。いつも優しく迎えてくれている気がします。
外国の写真がふんだんに取り入れられた、ガイドブックとはひと味違う書籍を読む(眺める)のが好きです。以前「週刊地球旅行」という雑誌を毎週購入していたことがあります。全部で100冊あるのですが、ほとんど集めました。薄い雑誌ですが、好みを国(地域)を選んで、自宅にいながらにして海外に行った気分を味わっています。

投稿: ゴーヤーさんへ | 2010年7月 1日 (木) 11時03分

ぴろろさん、こんにちは。

 見開きに何を持ってきているのかとか、構成や順序、物語などがすべて計算されているので、見ていてとても楽しいものですよね。

写真集は基本的に高額なので滅多に買いませんが、古本屋さんなどにいって見ることがたまにあります。
意外とすてきなものが、僕に見つけられるのを待ってたりするんですよねnotes

やっぱり、パソコンからはpostできないようなので、携帯に転送してみました。

投稿: Laylack | 2010年7月15日 (木) 13時35分

こんにちは。
どうしたんでしょう?パソコンからコメントが送れませんか?何ででしょうね?お手数をおかけしてしまって、すみません。
Laylackさんからのお申し出で、禁止ワードいくつか解除したのですが、最近、追加した分はないのです。以前送られてきたいたずらコメントで、禁止IPアドレスの設定はしていますが、もちろんLaylackさんのは禁止にしていません。すいかさんだったかな、やはりコメントが送れないとおっしゃっていた方がおりました。どうしたものでしょう…、グスンweep
写真集は、高価ですね。まぁ、理由もわかりますので、苦情は申せません。膨大な時間と手間と材料がかかるのでしょう。だからこそ、感動する作品が生み出されるのですよね。
10年くらい前に、自費出版をチラッと考えたことがありました。例えば、右ページが風景写真で、左ページに自作の詩。そんな詩集&写真集を出したかったんです。仕事が多忙で、露と消えてしまった企画です。今では、そういう本は、いっぱい出版されていますね。
私は絶版になった書籍をはじめ、Amazonの中古本 book を購入することがあります。主人は中古CD cd を買っています。市場であっちこっち探し回るより、簡単に入手できるので、便利に利用しています。絶版本はどうあがいても手に入らないので助かっています。

投稿: Laylackさんへ | 2010年7月15日 (木) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄戦没者慰霊式典 | トップページ | ハワイの思い出 »