« 酢の効果 | トップページ | 電車待ちの人々の視線 »

2010年5月19日 (水)

自宅難民

今日は、自宅難民という言葉を頻繁に耳にした。時代を反映して、いろいろ言葉は増えていくものだが、これも現状をうまく表現した言葉だと思う。

自宅難民とは、自宅で自分の居場所がない、自宅で心を休めることができない人のことを差す言葉。もっぱら、父親の立場にある働き盛りの男性が多いよう。

自宅にいても自室がないため、趣味ができない。テレビの主導権がない。妻や子どもがうるさい。帰宅しても夕食がない。一人で過ごす時間がない。お風呂は最後。主な会話がメールか手紙。

気の毒に思えてくる。外で働いてきた身には、自宅は体を休める場所、思いっきり心を解放する場所であることは望ましい。上記のような状態にある人が半数以上もいる現実。驚きとともに、我が家を見つめるいい機会だ。

夫も趣味を我慢する傾向にある。登山とバイクに乗ることが趣味だが、今はそのどちらもできていない。バイクはいずれ購入する予定で貯金はいるが、マンション駐輪場は自転車置き場としては認められているが、バイク置き場としては認められておらず、置くのは構わないが責任は負えないという姿勢。防犯カメラが設置されているが、有事の際にしか役に立たないだろうから、安心して置くことはできない。登山は居住地を考えると、土日だけで楽しむのは難しい。

せめて、心の安らぎや主としての自信は得てほしいと願う。

|

« 酢の効果 | トップページ | 電車待ちの人々の視線 »

コメント

こんばんは。

私は、単身赴任を味方につけているかも…
しかし、自分勝手な人だったりして…

投稿: ぞう | 2010年5月19日 (水) 19時58分

ぞうさん、こんばんは。
自分勝手。いいじゃないですかぁ。人間、自分を一番大事に思わないで、何を大事にするんですか!
自分を好きになりましょう。自分が嫌いな人は誰からも好いてもらえませんもの。自分の希望は遠慮せずに言いましょう。言った後、他者との折り合いです。代わりばんこで譲ればいいのではないでしょうか。
単身赴任もメリットはありますね。一人の時間は寂しくもあるでしょうが、家族の有難さを教えてくれます。

投稿: ぞうさんへ | 2010年5月20日 (木) 22時53分

 ぴろろさん、こんばんは。
 自宅難民ですか。こういう人たちがいるとは、想像もしていませんでした。気の毒です。せっかくの自宅なのに。

投稿: fkmamiko | 2010年5月21日 (金) 19時13分

こんばんは。
自宅難民の私が飛んできました。
子どもが何人もいてマンション暮らしでは、自分の部屋なんぞあり得ないですから、必然的にリビングの住人になっています。
テレビは見ませんからどうでもよいですが、一人の時間が自宅で確保できない、というのはつらいですね。休日も誰かしらいますから、とうか皆出不精で家にいますから。
ということで、休日は自分から家を飛び出し、自然の中や、他人の中に自分を置き、一人を味わいます。自分のペースで生活できる時間がないと、おかしくなりそうです。

投稿: なおさん | 2010年5月22日 (土) 00時03分

こんばんわ。

あれれれれ・・・私は自宅難民になっている!?

最近は仕事が忙しすぎて終電・・・帰宅しても夕食いらない・・・風呂も最後!?・・・すぐ寝るので自分の時間がない・・・土日も仕事!?・・・子供が朝うるさく叩き起こしに来る!?・・・カミさんとはメール!?
微妙に違うような、該当するような・・・。
うーん。イタタタですね。

早く難民脱出したいものです。

では。

投稿: Hiro | 2010年5月22日 (土) 01時11分

fkmamikoさん、こんばんは。
亭主関白であり威厳もあった父は自宅難民とは程遠い生活をしていましたが、主人は自ら自宅難民を希望しているようなところがあります。いやはや困ったものです。もっと自己主張を、そして妻だけではなく自分も大切にしてほしいなぁと思います。
fkmamikoさんのご主人はお幸せですね。どれも該当しませんでしたか?自宅難民。ご本人が望んでいないなら、このような方々はいない方が望ましいのですから。ホント気の毒です。

投稿: fkmamikoさんへ | 2010年5月22日 (土) 23時09分

なおさん、こんばんは。いらっしゃいませ♪
うふふ、リビングの住人ですか。私も自室はないので、リビングにいる時間が一番長いです。安らぎの場がリビングであっても、自分専用の席(寛げる場所)があれば、いいのかもしれませんね。指定席は重要です。
一人の時間も重要ですね。心からホッとできる時間。誰にも神経を使わなくていい時間こそが、心を自由に解放できる時間ですものね。一人暮らしの人はそういう時間は多いでしょうが家族のいる幸福感は薄く、家族に恵まれている人は家で一人になる時間の確保が難しく…。ないものねだりなのでしょうか…。主人も「一人になる時間がない」と言っていたので、最近は、私一人で外出するようにしています。主人はアウトドア派なのに、今は自宅派です。

投稿: なおさんへ | 2010年5月22日 (土) 23時29分

Hiroさん、こんばんはmoon3
楽しいコメントをありがとうございます happy01
ご本人が自宅難民だという認識がなければ自宅難民ではありません。少なくても、それらの状況が、意に反して家族からもたらされるものでなければいいのです。Hiroさんは大丈夫そうですね。
ご帰宅は終電が多いのですか?Hiroさんはお仕事がお忙しいという印象があります。シーズンによってなのでしょうか。お体を壊さないようになさってくださいね。
きっと、ご家族は一生懸命働いているHiroさんを誇りに思っていらっしゃるはずです。力を授けてくれる家族がいる幸せ、かみしめたいですね。

投稿: Hiroさんへ | 2010年5月23日 (日) 00時05分

こんにちは。

どれにも当てはまりそうな勢いですが、がっちりていうわけでもないですね。
むむぅ。
テレビは見ませんが、自分一人の時間はありませんね。夜中ぐらいかな。
ツーリングといっても、頑張って半年に一度実現するかどうかですね今は。
ただ、居場所がないってわけでもないので、難民指定はされてないかもしれませんね。

投稿: Laylack | 2010年5月23日 (日) 13時17分

Laylackさん、こんにちは。
雨が降り続きますね。どうぞ安全運転で。
本文中に列挙した自宅難民の特徴ですが、これらはアンケートで上位にランキングされたものです。Laylackさんが当てはまりそうで当てはまらないのも頷けるところです。主人も一人の時間がないところが当てはまっています。大豪邸に住んでいるわけではなく、一般的な3LDKのマンションなので、書斎のような自室はないですね。私もなるべく付きまとわないように心がけますので、一人の時間を持ってもらうしかありません。
ツーリング、主人にも行ってもらたいんです。登山口までバイクで行って、百名山の稜線を歩くような登山をしてきた主人。現在住んでいる地から行ける山は限られているそうで、土日だけではつまらないんだとか。どうしたものか悩みです。趣味ができないのは精神的にもよくないですものね。なんとかしてあげたいと思うのですが…。引っ越ししかないのかな。

投稿: Laylackさんへ | 2010年5月24日 (月) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93136/34768695

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅難民:

« 酢の効果 | トップページ | 電車待ちの人々の視線 »