« 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ | トップページ | 二ヶ領用水での花見 »

2010年3月31日 (水)

離婚式

今や、日本人で離婚する人の割合は、3組に1組と言われている。確か約2分に1組の割合で、離婚届が受理されていると聞いたことがある。婚姻届は、約48秒に1組受理されているようなので、既婚者の方が多いことになる。

景気と離婚者数を表したグラフも、曲線がピッタリと合致するのは見逃せない。不景気になると離婚者が増え、景気が回復してくると離婚者が減るという具合。収入の見込めない夫と一緒に暮らしても仕方がないと考える妻が多いのだろうか。そんな時ほど、夫婦一蓮托生で支え合っていけたらと思うのだが、それは理想に過ぎないのだろうか。

昨日テレビで見ていて知ったのだが、今、離婚式を行う夫婦がいるという。離婚プランナーという職業の人もいて、離婚式の計画と進行を行う。離婚が決定となった夫婦は、人生の門出にけじめをつけるために、離婚式を望むのだという。最後の共同作業ということで、結婚指輪をハンマーで叩き潰す行為も式には組み込まれていて、驚いた。披露宴のケーキカットが、離婚式では結婚指輪破壊に変わろうとは…。

子どもに離婚を説明するのが難しいということで、そういった絵本まで出版されているそうで、同時に紹介されていた。熊の一家をモチーフに、離婚する両親熊とその子熊が登場する。自分の口から説明できないのは情けないが、子どもの心に傷を負わせないで離婚を受け入れさせるのも確かに難しいだろう。親は自身の身のふりばかりではなく、子どもの心のケアもぜひ真剣に考えるべきだと思う。

今まではなかった異色の離婚ビジネスは、拡大を続けているそうだ。利用者は前向きな考えの人が多いという。利用する人がいるから拡大もするわけだが、人生の再出発を機に、気分を一新させるという意味では、今後も利用者は増えそうが気がする。でも、一番いいのは、離婚する夫婦が減ることに他ならない。

|

« 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ | トップページ | 二ヶ領用水での花見 »

コメント

そのTV自分も見ました。

離婚だけは本当に子供のためにも自分のためにもしたくないです。

景気と連動って分からん気もないですけど...

投稿: ima♂ | 2010年4月 1日 (木) 00時00分

ima♂さんも、ご覧になりましたか、この放送。朝の情報番組です。
今は離婚さえもビジネスにしてしまおうという貪欲な世の中。驚きます。が、人と違うことをビジネスとして立ち上げなければ、成功しないのも事実なのかもしれません。
人の弱みに付け込んで踏み込んでくる商売は悪どいなぁと思いますが、これはまたちょっと違った新しい目線でのビジネスなので、必要とする人は案外いるかもしれないと思いました。
離婚。避けられるなら避けたいもの。そうならないために、結婚生活のメンテナンスを記念日にするなどといった知恵も必要ですね。

投稿: ima♂さんへ | 2010年4月 1日 (木) 10時10分

お久し振りです!
私達はまだ結婚して1年未満ですが、永遠に迎えたくない式だと思いました。
いつまでも仲良く手をつないでお散歩できる夫婦を目指しています!

投稿: 福 | 2010年4月 2日 (金) 14時06分

こんばんは。

いろんなことがビジネスに繋がるんですね。
あたしの周りでもバツイチ多いですよ。
子の幼稚園時代の友達が、6年を経て中学で再会したら苗字が変わってたとか、離婚秒読みで別居中とか。

できれば避けたいことですが、子供の前でいがみ合ってばかりなら新しいスタートを切ることもいい選択肢なのでは、と思います。
親のいない寂しさは身にしみているので、子らには味合わせたくないですが、万が一の時は2人ともあたしに着いてくるそうですsmile

投稿: すいか | 2010年4月 2日 (金) 19時56分

 ぴろろさん、こんばんは。
 今日、辞書を引いていたら、「壊れた家庭の子ども(=両親が離婚した)は学習に障害を起こすことがある」 という例文が出ていました。あやっぱり、両親が離婚するということは、家庭が壊れることなんだ、と思いました。
 離婚式、どうなんでしょう、けじめがついて良いのでしょうか。結婚指輪破壊は、ちょっとかんべんしてよと思いますが。

投稿: fkmamiko | 2010年4月 3日 (土) 22時33分

こんばんは。
コメントをありがとうございます。お返事が遅くなりました。
福さんは新婚さんですものね。離婚式なんて、考えられないでしょう。とりあえず、私もまだ考えられません。でも、妻という座にあぐらをかいていると危うくなってくるのも妻という座らしいので、少しメンテナンスをしながら、夫婦のあり方を見直していけると、離婚式なんて本当に関係のない強い絆で結ばれた夫婦になれるものなのかもしれませんね。
手をつないでお散歩、いいですねぇconfident  私は、年寄りになっても手をつないで歩くのが夢です。手をつないでいないと迷子になっちゃうとか、危なっかしいとかじゃなくて…ネwink

投稿: 福さんへ | 2010年4月 4日 (日) 01時19分

こんばんは。
私の周りでは、離婚者って少ないですね。とりあえず、結婚式に出席してくれた友人知人の中には一人もいません。独身者の友人は約4割で、案外多いんです。みんなバリバリのキャリアウーマンしていますね。いとこが二人離婚経験者がいます。一人は再婚して子どもがたくさんいます。
離婚が悪いわけではないのでしょうが、結婚の何倍ものエネルギーを要すると言いますから、離婚もかなりのストレスでしょうね。子どもがいたら親権とか養育費とか、何やからで大変そうwobbly
そう言えば、子どもの前で夫婦ゲンカは絶対やってはならないそうですよ。多少の口ゲンカはまだしも、大ゲンカやDVなんて見せたら、子どもは自分が悪い子だから、お父さんとお母さんはケンカしているんだと思って、心を病んでしまうことがあるとか。これって、虐待なんですって。だから、DVの夫が改まらない時は、迷わず離婚を決意した方が子どものためにはいいらしいですよ。
離婚する親たちは自分たちのことで一生懸命で、子どもがどう思っているかなんてあまり考えないんでしょうね。気が回らないと言うか、心に余裕がないと言うか…。わからなくもないですが、子どもの心のケアの重要性にも着目してほしいですね。

投稿: すいかさんへ | 2010年4月 4日 (日) 01時39分

fkmamikoさん、こんばんはmoon3
テレビで結婚指輪を二人で一緒にハンマーのようなもので叩き壊すシーン、ちょっと異常な感じでしたよ。ハンマーを思いっきり振り下ろして…。本人たちは「スッキリしました」なんて言っていましたが…。できれば、そんな式は挙げたくないですね。
離婚するということは、両親は別居が基本ですよね。そうなれば、子どもは最低でも父親か母親のどちらかと別居することになります。高校生や大学生にでもなっていれば影響も少ないのかもしれませんが、幼児・児童といった年齢では、父親も母親もやはり必要でしょう。暴力を振るうような親なら逆に引き離さなければならないでしょうけれど。
本当の両親と暮らせない子どもの心の叫び。親は耳を傾けなくてはなりませんね。小学校のクラスメイト(男子)ですが、中学に入って後、親の離婚を機に登校拒否になってしまい、結局卒業式すら来なかった人がいます。親の離婚は勉強ができなくなるほど、人生にも大きな影響を及ぼしてしまうほどショッキングな出来事となるわけですから、子どもの心のケアは最重要課題と位置づけて、親は子どもを守らなければならないと思います。離婚は親の都合ですものね。

投稿: fkmamikoさんへ | 2010年4月 4日 (日) 02時07分

驚きました、離婚式とは~

離婚って顔も見たくないとかにならないのかしら。冷静に式を挙げるって・・・私にはちょっと理解できませんね~sweat02

それにしても、どんな衣装でするのかしら?なんてことも頭をよぎりました。

投稿: まゆクー | 2010年4月 7日 (水) 00時23分

まゆクーさん、こんにちは。
離婚式、驚きますよね~!離婚までもがビジネス化されてしまう時代。利用している人がいるので何ですが、なんか人の痛んでいる心を利用して商売しようという魂胆がね…。
テレビでは顔は隠していましたが、その他は隠されていませんでした。衣装は平服でしたよ。ここには、さすがにお金はかけられないようですね。
離婚する夫婦ですが、顔を見たくないから別れるばかりではなさそうですね。お互いの仕事(夢)を優先するといった前向きな離婚も聞きますし、嫌いになる前に別れるという普通では考えられない理由で離婚する夫婦もいます。理由はそれぞれなんだなぁと思いました。

投稿: まゆクーさんへ | 2010年4月 7日 (水) 14時30分

ぬぬぬ、ちょっとばかりヤナ番組ですね。
ポジティブに考えれば、それぞれのこれからを前向きにという事でしょうけれども、なんとも安い誓いだったということかと。もっとも、それすらもただのイベントにすぎなかったのでしょう。
周りには離婚した人も残念ながら沢山いますが、客観的に見るとなるべくしてなったなという印象を持ってしまう場合がほとんどです。何を持って結婚ということにいたったかと、そのスタートが既に違うんだろうなと思います。

投稿: Laylack | 2010年4月 7日 (水) 22時41分

こんにちは。
お返事、遅くなりました。
周りに離婚経験者が大勢いらっしゃるのですね。私の周りではいとこに二人いるだけで、友人の中には一人もいません。まだ独身者も多い(約4割)ですね。
結婚を決めた時は二人とも偕老同穴を誓うのでしょうが、共同生活が始まり、理想と現実が異なることに気づき、それに耐えられなくなった人が離婚という選択を選んでしまうのでしょうか。相手の新鮮みが希薄していくこともあるでしょう。
結婚は辛抱だと言う人がいますが、確かそんな要素もありますね。何十年も異なった環境で育った者同士ですし、異性でもありすから、考えや行動の違いはあって当然。それをいかに受け入れ、お互いを高め合えるかが結婚だと思います。
ちょっと前に読んだ本に興味深いものがありました。「結婚生活は自立した者同士が成し遂げられるのであって、未熟な者(自立していない人)の結婚はいずれ破綻してしまう」といった内容が書かれていました。相手に依存している人は、結婚には向かないといったことのようです。あくまで(精神的に)自立している人だけが、結婚生活を長続きさせられる。相手の負担にならない。なるほど~と思いました。私はどうだろう…と、考えさせられました。

投稿: Laylackさんへ | 2010年4月 9日 (金) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ | トップページ | 二ヶ領用水での花見 »