« 強風に恐怖 | トップページ | 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ »

2010年3月24日 (水)

USドル

昨秋、夫がべトナムへ行く際、ベトナム通貨のドンが入手困難なので、米ドル札を用意した。なんとなくだが、アメリカへ行く予定ができそうだと思ったので、私も数万円を米ドルへ換金した。一ドル88円と、これ以上高くはならないだろうと予想できるほど、円高ということも手伝った。

私の初海外旅行はハワイ(オアフ島)なのだが、当時、1ドル88円とか93円とか、とくかく100円は切っていたように思う。二度目となる西海岸へのアメリカ旅行は1ドル131円ほど。ハワイから2年半後の旅行だったが、40円前後も円安が進んだことになる。さすがに、131円となると、気軽に何でもかんでも購入するというわけにはいかなかったのを覚えている。

そんな米ドル。基軸通貨でもあるわけだが、紙幣が衣替えをしたようだ。昨秋換金した際に気づいたのだが、カラフルな札に変わっていた。 

Photo   

今までの紙幣は、印刷のデザインが異なるだけで、色やサイズは同じだった。ちょうど写真の1ドル札のデザインが、どの額面の紙幣にも採用されていた。2006年にハワイ島へ行った時は、カラフルな新札ではなかったので、その後の変更なのだろう。色を覚えておけば、間違いも減るので、便利になったのではないだろうか。そう言えば、ユーロは元々カラフルな紙幣だが、確かに使い勝手は良い。使い始めのころは、おもちゃの紙幣のように感じたものだった。

世界で一番流通しているとされる通貨なだけに、偽造も多いと思われる。あの手、この手を駆使して、偽造防止を行っているのだろう。日本もそうだが、短期間でデザインを変更するのが一番いい偽造防止策だと聞いたことがある。

ここで、海外における日本札盗難防止の話を一つ。海外で地元の警察官に、「偽札が横行しているので、所持している日本札を見せてほしい」と言われても絶対見せないこと。なぜなら、日本のお札の印刷技術は世界一を誇るので、外国の警察官ごときに、所持している日本の紙幣が、本物であるか贋物であるかの判断はできないというのが理由。確かに。毎日見慣れている私たちでさえ、贋物を見せられて、すぐにそれを見破られる自信があるかと聞かれれば、首を傾げてしまう。見たことがないから、なおさらだcoldsweats01

|

« 強風に恐怖 | トップページ | 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ »

コメント

オーストラリアの紙幣も透明だったんですよね、NZもそうです。透かしというか、透けてみえる部分。
しかし、最後にかかれていることは肝に命じておきます。なるほど確かにです。

投稿: Laylack | 2010年3月24日 (水) 22時43分

Laylackさん、こんにちは。
そうですね。オーストリアの紙幣は、一部透明な部分がある珍しい紙幣でした。破れにくい(折れにくい)素材を使っており、寿命を長くしているらしいです。ニュージーランドもお隣ですから、技術を共有しているのでしょうかdollar
よく聞く通り、海外では日本人は狙われやすいです。私もひったくり犯を見たことがあります。若いカップルの女性の方が、二人組みの強盗に、購入したばかりと思われるブランド品をひったくられる場面に遭遇しました。日本人だけが乗車するバスの停留所での出来事でした。またツアーメイトがひったくりに遭う事件も2件ありました。これは年配者でしたね。置き引きは1件。幸い、私は被害に遭ったことはありませんが(危ないところだったことはあります)、海外駐在の日本人ガイドさんはみな口を揃えて、「ひったくりや置き引きには気をつけてください」と言います。常日ごろから、バッグ bag のチャックを開けっ放しにしている人は、注意不足になりがちだとか。その話を聞いた時、私のバッグの口はあんぐりと開いていましたcoldsweats01

投稿: Laylackさんへ | 2010年3月25日 (木) 11時37分

こんばんは。

以前、海外勤務時はUSドルで給料を貰っていました。現地の通貨に両替する時、いつも偽札判別装置?でチェックを受けていました。数年前の思い出です。
最近は外貨に全く縁がありません。

投稿: ぞう | 2010年3月25日 (木) 20時50分

ぞうさん、こんにちは。
お給料をUSドルでもらっていた…。なんて、グローバルdollar 
外国企業から支払われていたということでしょうか。そうなのであれば、やはり基軸通貨が幅を利かせることになるんですね。基軸通貨とは言え、両替を考えると、ちょっと面倒ですね。手数料も徴収されますし。
偽札判別装置のような機械もあるのですね。そんな機械が活躍しない世の中であってほしいものです。

投稿: ぞうさんへ | 2010年3月26日 (金) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強風に恐怖 | トップページ | 啓蟄 ~人間もうじゃうじゃ~ »