« ベトナムへ | トップページ | アジアの片隅で »

2009年10月11日 (日)

世界地図

夫が海外にいるので、どうしても気持ちが海外へ向いてしまう。

今春訪れたオーストラリアで買った世界地図の絵ハガキ。そう、南半球の国では、世界地図が見慣れた地図とは異なり、上下逆になるのだ。このことは知っていたが、実際、そういった地図を見るのは初めてだったので、即購入。

Photo  

 

 

 

 

 

 

 
               日本はどこだぁ?

日本では、日本が中央に来るように、太平洋を真ん中にして世界地図が描かれているが、欧米では自国が中央に来るように描かれているため、日本が端に追いやられてしまう。

一緒に海外を旅した友人に、各国の世界地図を集めていた小学校教諭がいたが、いいコレクションだと思う。私も訪れた国々で何か収集しておけばよかったと、後悔先に立たずだ。

|

« ベトナムへ | トップページ | アジアの片隅で »

コメント

ぴろろさん、こんにちわ。
世界地図はそれぞれの国によって、自身の国が中心に描かれているのは知っていましたが、北半球と南半球を逆転させてしまうというのは思いも寄りませんでした
自分の頭の中の常識なんて、簡単に覆ってしまうものです。

投稿: Aza | 2009年10月11日 (日) 17時59分

こんばんは。

私も南が上にある世界地図を初めてみました!

モノの見方を見直すヒント、ありがとうございます。

投稿: ぞう | 2009年10月11日 (日) 20時37分

Azaさん、こんばんは。
ヨーロッパで地図を買っていた友人に、ヨーロッパ中心の地図を見せてもらいました。日本は小さいんだなぁと改めて感じましたねぇ。「日出ずる国」の表現がピッタリだと思いました。
オーストラリアへ行ったら、ぜひ地図を探そうと思っていたのですが、旅行客が行くようなところではあまりなくて…。帰国の前日にたまたま入ったお土産屋で、この絵ハガキを見つけました。きっと、一人でニヤケていたことでしょう。
日本では当たり前のことでも、海外では当たり前ではないんですよね。海外へ行くと、視野が広がります。

投稿: Azaさんへ | 2009年10月11日 (日) 21時35分

ぞうさん、こんばんは。
世界は広いですね。世界地図一つとってみても、バラエティー豊か。地形もちょっと違うように見えます。
同じ海でも、日本海のように国によって名前も異なります。自国の都合の良いように名付けていますよね。領土にしてもしかり。
海外に行くと、いろいろ発見があって楽しいです

投稿: ぞうさんへ | 2009年10月11日 (日) 21時52分

こんばんは。

自国が中心…当たり前なんですよねぇ、他国に関しても。
日本中心の地図を小さい頃から当然のように見てるので、この地図はかなり違和感です
でも、おもしろいです

いろんな国の世界地図をコレクションしてらっしゃる小学校の先生、生徒さんたちに披露したりしてるんでしょうかね。
子供たち、きっと驚きでしょうね

投稿: すいか | 2009年10月11日 (日) 22時10分

そういえば、忘れていました!
NZでみた地図は、こういう感じのものでした。Austriaとの違いといえば、南極大陸が結構大きく載っていたことでしょうか。あれはあれで、結構衝撃的だったのを覚えています。
ああ、僕も集めておけばよかったなぁ。

一応、行った土地では(NZとCAN)では、そこの鳥の図鑑を買ってきています。

投稿: Laylack | 2009年10月11日 (日) 22時51分

 確かにこれにはびっくりしました。「南半球では時計が逆まわり」 みたいな、冗談かと思われそうです。そうですか、自国を真ん中に置くのですね。納得です。

投稿: fkmamiko | 2009年10月12日 (月) 20時39分

すいかさん、こんにちは。
中学か高校で、見慣れている世界が日本だけのものだと知り、衝撃を受けました。言われてみて、「そうかぁ~」と納得。日本が右端に描かれている世界地図をどこかで見ましたが、変な感じでした。南半球の国の地図は、世界地図なんだか、誰かのおねしょの跡なんだか、区別がつきませんね
小学校教諭の友人は、買って帰った世界地図を、子どもたちに見せているそうです。国名は、その国の言語で表記されていて読めませんが、地図(国々)の形は万国共通ですものね

投稿: すいかさんへ | 2009年10月13日 (火) 12時43分

こんにちは。
私は海外に行ったら、必ず自分宛に絵ハガキを出しています。その国の切手と消印を集めたいからです。まぁ、その時の気持ちも書いておけば、記念にもなりますし。届かなかった絵ハガキは3通ですね。どこに行っちゃったんでしょう。世界地図も、どこの国でも必ず(たぶん)あるものですから、収集するのにはもってこいのアイテムですよね。気づくのが遅かったです…。
また、海外に行かれたら、鳥の図鑑探してくださいね。絶対、記念になりますから。私は絵ハガキ以外は何もないので、ちょっと濃後悔。一時期ボールペンを集めていたことがありましたが、発展途上国では売られていなかったので(売られていないどころか、反対に欲しいとせがまれました)、挫折しました。

投稿: Laylackさんへ | 2009年10月13日 (火) 12時58分

やはり、自国は下に描かれるより、上に描かれる方がいいですよね。それで、こんな世界地図に。ところ変われば…ですよね。
海外に行くと、当たり前のことが当たり前でなくなるので、その発見が楽しいです。視野も広がります。止められませんね、旅行は

投稿: fkmamikoさんへ | 2009年10月13日 (火) 14時49分

こんばんは。南北逆の世界地図は初めてみました。
ブラジルで見た世界地図は、南北は日本と同じで、真ん中が大西洋、左に南北アメリカ、右がアフリカ・ユーラシア大陸。ブラジル人の友達に、日本から来たの、ああ、世界地図でみると右の端っこの国よね、と言われました。見慣れた世界地図は太平洋がとっても大きいのですが、ブラジルバージョンは大西洋が大きい。確かにコレクションするとおもしろいですね。

投稿: いけ | 2009年10月15日 (木) 22時36分

いけさん、こんにちは。
私も南が上にある世界地図は初めて見ました。一瞬「何、これ?」と思いましたが、次の瞬間、意識は“世界地図”の答えを導き出していました。絵ハガキ片手に、一人でニンマリしてしまいました
ブラジルの世界地図は、南北の位置は日本と一緒なんですね。南半球だからと言って、南が上とは限らないんですね。貴重な情報をありがとうございます。
海外に行くと、当たり前のことが覆されたりすることがあります。ところ変われば…ということが多いですね。視野が広がりますよね。だから、止められないのかもしれません。
私は一時期ボールペンを集めていました。上下に傾けると、ボールペンの上部に施されている水の中に浮かべられた都市名が動くのです。かなりの都市で発売されていたので、いけさんも見かけられたことがあるかも。現在は製造が中止されてしまったそうで(ケアンズでその会社が倒産したと聞きました)、もう入手困難に。
発展途上国は店を探すことすら大変なので、訪れた国すべてで何か共通するものを集めるというのは困難かなと思っていましたが、缶ビールはどこの国にもありましたね

投稿: いけさんへ | 2009年10月16日 (金) 16時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界地図:

« ベトナムへ | トップページ | アジアの片隅で »