« ドッキリ | トップページ | 初めての高級魚の調理 »

2009年6月 9日 (火)

オーストラリア旅行写真集

遅ればせながら、オーストラリア旅行の写真を右側サイドバーにアップしました。よろしければ、ご覧ください。写真は全くの無補正です。撮影技術はないので、その辺はお許しを。

|

« ドッキリ | トップページ | 初めての高級魚の調理 »

コメント

ケアンズフォト、満喫しました。一番熱心に見てしまったのが、ホットドッグ屋さんの看板。シドニーの中華料理店でワニは食べたことがありますが、エミューやカンガルーまであるんですね。あと、オーストラリアのマクドナルドは、国内の産直の牛肉でしょうか。きっとそうですよね。なんか食べるものばかり気になってしまいました。

投稿: fkmamiko | 2009年6月 9日 (火) 22時19分

もったいないので、時間をとってじっくり見させていただきます!

投稿: Laylack | 2009年6月 9日 (火) 23時08分

ぴろろさん、こんばんわ。
早速お写真拝見いたしました。表紙になってる写真がやっぱり良いですね。僕が旅行したわけでもないのに、思い出にふけってしまいましたcoldsweats01

投稿: Aza | 2009年6月 9日 (火) 23時55分

ご覧くださいまして、どうもありがとうございます。ようやく、アップできました。先に書きたい記事が多くて、どんどん後になってしまいました。
ホットドッグ屋さんはキュランダでは名店だそうで、大変混雑していました。ソーセージに添えられる野菜はキャベツ、ジャーマンポテトなど選べましたが、言っている英語がわからなかったのでザワークラフトに。でも、本当はジャーマンポテトがよかったですthink
ワニの肉は淡白で日本人の口にも合いますよね。鶏肉みたいchick 見かけによらないとはこのことですね。
オーストラリアは自給率が高いかもしれません。あれだけ、広大な大地に恵まれている国ですから。キュランダでジャングルクルーズをした時に、バナナは輸出しないで、自国で消費しきれる分だけ作るという説明を受けました。理想だなぁと思いました。牛肉も輸出はしているでしょうが、輸入はしていないのではないかと思います。牧場は多そうでしたよ。
日本のマックのハンバーグパテになる牛たちをたっくさん見ました。色によって、ハンバーガーのパテになる牛taurus、てりやきバーガーになる牛taurusが違うとガイドさんは言っていましたが、本当かどうか…。なんてったって、エリマキトカゲを素手で捕まえて来たマイケルさんが言うことですからhappy01
写真を見直してみると、ついこの間のことのように思い出されます。cdCDに焼いて、きちんと保存しておかなければ(まだやっていませんsweat01)。

投稿: fkmamikoさんへ | 2009年6月10日 (水) 08時51分

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
本当は一枚一枚、説明とともにご紹介したいところなのですが、一枚ずつご覧いただくほどのよい写真を撮ってきているわけではないので、いつも、まとめさせていただいています。お気に召した写真があれば教えてください。

投稿: Laylackさんへ | 2009年6月10日 (水) 08時53分

旅好きのAzaさん、こんにちは。
ケアンズフォト、ご覧いただきまして、ありがとうございます。
何百枚も撮りましたが、いいなぁと思える写真は少ないです。撮影の勉強をどこかでしたいと旅行に行くたびに思います。私の場合、英語も習った方がいいですね。
もう、ひと月半経ちますが、見返してみると、ついこの間のことのように感じます。ブログもそうですが、記録は大事ですね。楽しかった思い出に耽ることで、再度愉快な気持ちになれます。失敗したことも、笑い話に。人間が持ち合わせているそういう能力を活用しない手はないですね。

投稿: Azaさんへ | 2009年6月10日 (水) 09時07分

ぴろろさん、こんにちは!
オーストラリアの写真、楽しませていただきました。
旅行に行くと日本と違って面白い!って風景が
沢山ありますよね~。
マック1つとっても世界中でメニューが
全然違いますもんね。
コアラのお尻、可愛かったです。
和みました♪

投稿: mike | 2009年6月11日 (木) 14時02分

こんばんは。

写真に添えた、コメントも素敵ですね。写真がいっそう引き立っています。

僕もこういう形でまとめたいなぁと思います。

写真を拝見して、普段と違う場所に旅行に行きたくなりました!

投稿: ぞう | 2009年6月11日 (木) 22時05分

こんばんは。
写真、ご覧いただきまして、ありがとうございます。いい写真は少ないですが、異国らしさは感じていただけましたでしょうか?オーストラリアらしい風景を中心に、そして、なるべく現地の人と一緒に写真に収まるように心がけました。これから、CDに焼く作業が残っています。
コアラは初めて見たので、抱っこした時は、デレデレ~lovelyでした。人間の赤ちゃんよりは少し軽いですが、爪がすごく伸びていて、服に引っかかっていました。頭を撫でたら、フワフワでした。お尻、ポッチャリしていてかわいいですよね。二年後には抱っこできなくなるそうなので、「希望する人は早めに来てね」と、ことづかりました。

投稿: mikeさんへ | 2009年6月11日 (木) 22時08分

こんばんは。
身に余るお褒めの言葉、ありがとうございます。これらの写真は、なかなかアップできずにいました。まだ、CDに焼く作業が残っていますcoldsweats01
旅行はいいですね。本当に心の洗濯ができる気がします。リフレッシュできるというか、疲れが癒やされるというか…。新しい自分に出会えることもあります。私って、こんなに行動派だった?なんて…ね。
視野が広がりますし、興味の対象も増えます。豊かな人生の潤滑油の働きをしてくれるのが旅ですね。今しかできない旅は、積極的にしたいと思います。

投稿: ぞうさんへ | 2009年6月11日 (木) 22時16分

標識や設備なども国が違うとまったく別のもののように見えます。僕もゴミ箱に向けて一眼レフ向けてましたから、向こうの人には「アフォゥデスーカー?」と思われていたかもしれません^^;
でも、そこがとっても新鮮でおもしろいのです。旅行に行ったときに、すこしでも写真なんかを撮っておくと、直ぐにその前後の記憶が蘇ってきます。これがまた楽しいのですよね。
僕もなんかこういうのやりたくなってきましたよ。
いや、しかし、言葉になるはずもない素晴らしい体験ですよね!

投稿: Laylack | 2009年6月12日 (金) 18時51分

お返事が遅くなって、すみません。
異国を訪問すると、風景だけではなく、信号機や標識、案内板、ゴミ箱などにも、異国らしさを感じます。ホント、どれ一つ取ってみても…といった具合です。車が右側通行であることさえ珍しかったものです。匂いも独特で、特にアジアはそう感じます。
初めての海外旅行は、ホームシックにかかり、あまり楽しめませんでした。人間変われば変わるものですね。
デジカメになってから記録という意味で、旅先に限らずシャッターを押す機会がドッと増えました。こまめに整理して、CDに焼いて、ラベルをプリントして、アルバム代わりのコレクションにしたいです。

投稿: Laylackさんへ | 2009年6月14日 (日) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッキリ | トップページ | 初めての高級魚の調理 »