« 沖縄一人旅一日目 ~エネルギーの補給~ | トップページ | 洞爺湖サミット厳戒態勢 »

2008年7月 4日 (金)

沖縄一人旅二日目 ~青の世界~

真夏の沖縄

海が目のPhoto前に広がるホテルでの目覚め。西に向いている部屋なのに、まばゆい朝日が差し込む。窓の外にビッシリついた水滴が、この島の湿度の高さを窺わせる。カメラのレンズも瞬時に曇る。蒸し暑い一日の予感。

今日は一日、美ら海水族館で過ごすことにしている。バスの本数が少ないので、乗り遅れないようにバスターミナルへと向かう。バス営業所で割引チケットを買い求め、バスを待つ。ベンチに座っているだけで、汗がジワッとにじみ出てくる。セミの声が暑さを助長させている。

本部半島の先端に位置する国営海洋博記念公園目指して、バスはひた走る。日本人の乗客は、地元の人を除けば私一人。中国語でも韓国語でもない外国語を話すアジア系の外国人観光客数人と一緒に下車。美ら海水族館は外国人にも人気のよう。

Photo_6公園内には、海の生き物や鳥などをかたどった花のオブジェがいくつも見られた。ジンベイザメ、マンタ、クマノミ、カメ、タコ、イルカなどに加え、沖縄にしか生息していないノグチゲラやヤンバルクイナなども。いいアイデアだ。子どもたちが見たら、喜びそう。写真を撮っていたのは私だけだったけど…。

Photo_3Photo_2   

Photo_7

よく晴れて日差しが眩しいと思ったのも束の間、突然のスコールに見舞われた。まだ、公園に到着して数分しか経っていない。雨は降ったり止んだり。20分近くも雨宿りしていただろうか。同公園内の他施設の人が傘を貸してくれた。時間はたっぷりある。スコールそのものも観察していたい気分だったので、小降りになるのを待った。

 

世界一の水族館

Photo_17

Photo_18  

 

  

 
土曜日ということもあってか、美ら海水族館は若者を中心に混雑していた。入場してすぐのところに、ヒトデやなまこを直に手に持って触れるコーナーがある。私の大好きなコーナーの一つ。青やピンク、オレンジ色をした様々なスタイルのヒトデには、いつも驚かされる。肉厚で硬いのもいれば、ベルベットのような気持ちいい肌触りのもいる。なまこはグニョグニョしていて、とても生き物であるなんて信じられない感触。

次に沖縄近海の海を紹介してくれる美ら海シアターを鑑賞。最後にビックリサービスが待ち構えていた。場内のあちこちから歓声が上がった。ここはおススメ。

Photo_8一日数回限定の黒潮探検ツアーへも参加。水族館完成当時は大人気で、当日の午前中に予約しなければツアーへの参加は不可能なほどだったが、今回は待たずに参加可能だった。Photo_9参加経験者が増えている証拠だろう。巨大な水槽を真上から見学。他の水族館でもなかなかできない内部見学は、好奇心をそそられる。

この水族館のメインは何と言っても世界に誇れる巨大水槽だろう。60cmの厚さのあるアクリルパネルからなる水槽内の水は、25mプール75杯分にも相当するそうで、たった2時間で水槽の中の水は全て交換できるそうだ。その中で泳いでる貫禄ある3匹のジンベイザメ、王様・女王様のようなマンタの優雅な舞いは圧巻だ。

Photo_10

 

ベンチが至るところに設置されているので、長時間、魚たちの共演を飽くまで眺めていることが可能。カフェも併設されている。特にアクアルームでは、口をポカンと開けながら、頭上を右へ左へと行き交う色とりどりの魚たちを目で追う人々は多い。 

Photo_19

魚たちは一体何を考えながら、毎日擬似海で泳いでいるのだろう。ふと、そんなことを思ってしまった。毎日、顔をあわせる仲間も一緒、目にする光景も変化には乏しいはず。エサも日替わり定食でもあるまいし、そうそう目新しいものがもらえるわけでもないだろう。彼らも彼らなりの悩みを持って生きているのだろうか。

 

微笑みを湛えるイルカ

前回美ら海水族館を訪れた時、一匹のイルカと会話した。他のイルカたちとは別の水槽にいた一頭のイルカ。私の姿を見つけ、近寄ってきてくれた。立ち泳ぎというのだろうか、同じ箇所で胸ビレをヒラヒラさせ、私へ視線を寄越す。しばらく見つめ合った。イルカの目は三日月型をしているので、笑っているように見える。そのイルカの優しい眼差しが当時の私をどれほど癒してくれたことか。あの時のイルカに再会できるかもしれないと期待を抱いていた。

Photo_13東シナ海を見下ろすレストランでは、窓際の席に案内してもらった。目の前には、大きな戦禍に見舞われた伊江島が浮かんでいる。その海に面するように、イルカのショーが行われるおきちゃん劇場はある。食事とショーの時間も重なり、運よく、レストランからイルカショーを観賞することができた。五匹のイルカたちが飛んだり、手を叩くなどして芸を披露し、観客の拍手をさらっていた。観客席から歓声が上がっているのが、私のいる場所からも手に取るようにわかる。水族館の人気者だ。

4年経ち、会話したイルカがどのイルカなのか、見分けがつかなくなっていた。ショーで活躍しているイルカの中にきっといるのだろう。おきちゃん劇場の前まで行きしばらく水槽を覗きこんでいたら、一匹のイルカが私を見つめてくれているではないか。ほんの数秒のことだったが、4年前の感動と重なり、目頭と心が熱くなった。

イルカには、癒やしの効果があると聞く。病気治療などにも威力を発揮していると。彼らを身近に感じると、その効果を信じられる。目が合うだけで、こんなに気持ちが高揚するのだから、一緒に泳いだりすれば、何か心の中で変化があってもおかしくない。

Photo_16  

今度は夫と一緒にこの水族館へ来ようと決めた。きっと気に入ってくれるはず。

夕方5時すぎだというのに、沖縄の太陽の位置は、関東のそれよりはるかに高い。サマータイムを採用した方がいいと思うほど、日没が遅いので、ついつい遊びすぎてしまう。

  

イチャリバチョーデー

ホテルの隣の居酒屋で一人夕食…のはずだった。が、いつの間にか、隣席の女性と仲良くなり、おしゃべりに花が咲く。地元の方で、ご主人と息子さんと一緒に来店されていた。ご主人が、ちょっと前に私とどこかで会ったことがあると古いナンパの手口みたいなことを言い出し、大笑い。沖縄本島は3年ぶりなので、ちょっと前なら残念ながら別人だ。

Photo_22その後、4人連れ立って、他の店へ移動。彼女おススメのつくねをご馳走になった。店長さんも店員さんも気さくな方で、どれもお料理がおいしい居心地の良いダイニングバー。

つくねどころか、全ての飲食費がいつの間にか支払われていた。ついさっきまで知らないもの同士だった人に、たくさんご馳走になってしまった。沖縄以外ではあり得なさそうな出来事だ。

沖縄には“イチャリバチョーデー”という舌を噛みそうな言葉がある。「一度会えばみな兄弟」という意味になるのだが、「出会ったその瞬間から友だち」と解釈していいだろう。物騒な世の中となった昨今では、なかなか理解しにくい言葉ではあるが、ここ沖縄では、今もそういった雰囲気が残っている。沖縄についつい通ってしまうのも、この辺に一理あるのかもしれない。

|

« 沖縄一人旅一日目 ~エネルギーの補給~ | トップページ | 洞爺湖サミット厳戒態勢 »

コメント

おかえりなさーいsun
イルカはとってもキュートだよねっ!
私もダイスキ heart04
ステキな沖縄の風に触れたようで、また私も行きたくなっちゃいました confident

投稿: 福 | 2008年7月 4日 (金) 20時04分

福さん、ただいま~。
八重山に引き続き、本島にも行って来ちゃいました。福さんほどではないですが、最近、沖縄に縁があります。
福さんはまだ八重山気分抜けていませんか?私はキッチンカウンターにお土産品を並べて、しばらく沖縄気分を味わいたいと思っています。
そうそう、美ら海水族館で生まれた子マンタ。見ませんでした。福さんからのお返事を見たのが水族館帰りだったので、水族館にいた時は意識していませんでした。特別な案内も見かけませんでしたから、今は別水槽で大切にされているのかもしれませんね。福さんは、ぜひ見てきてください。

投稿: 福さんへ | 2008年7月 4日 (金) 20時55分

ぴろろさん、楽しみにしてました!

凝縮されているので、いつも読み応えがありますgood
美ら海水族館の写真。そう、大きな水槽が写ってるやつですが、ジンベイザメもしっかりとポーズとってくれてるんですね。
みんな一生懸命写真とってる(・∀・)
でも、わかるなぁその気持ち!
沖縄ってのは、やはり特別なんでしょうね。ぴろろさんにとっては。
レストランからショーを見て、そして今度は間近で見て。
半逆光でのイルカのジャンプ!
気持ちが写真にでてて、すっごく好きです!
いいっすね!元気になったのが、やっぱり一番です。

投稿: Laylack | 2008年7月 4日 (金) 21時23分

こんばんわ。

お疲れ様でした。おかえりなさい。
いろいろ楽しそうな旅行でしたね。心の疲れは回復されたでしょうか?

美ら海水族館のジンベイザメの水槽、私も写真に撮りたいんですよ。いいなあ。
沖縄は一度も行ったことがないので、いつかぜひ行ってみたいです。

では。

投稿: Hiro | 2008年7月 4日 (金) 22時43分

おかえりなさい!

国営海洋博記念公園、もう18年前になりますが新婚旅行で行きました。当時と様子は変わっていると思いますが、ぴろろさんの記事をきっかけに当時のことを思い出しました。ありがとう。

投稿: ぞう | 2008年7月 5日 (土) 04時35分

おかえりなさい♪
沖縄の余韻に浸っているところでしょうか。
今回は、沖縄から太陽を連れ帰ってくれたのか、梅雨も明けそうな勢いですねhappy01
 
心の洗濯はできたでしょうか。
お気に入りの場所で、のんびり過ごすのは心にも体にもいいですよねconfident 
三日目以降も楽しみにしています☆

投稿: 風音 | 2008年7月 5日 (土) 19時27分

ぴろろさん
あらためまして、お帰りなさい。楽しかったみたいですね。水族館の巨大水槽のロングショットにはちょっとびっくり。あれを現地で見たら圧倒されるだろうなぁ。行ってみたくなりました。

投稿: あかり | 2008年7月 5日 (土) 23時47分

旅行記、いつも長くなってしまい、すみません。こんな細かいところまで書かなくていいのに…と思いながら、書いてしまうんですよね。記録ですから、許してくださいね。
巨大水槽の前では、常にカメラを向けている人たちでごった返しています。午前中よりは夕方の方が空いていました。3~10月の間は8時30分~20時まで開園しているそうなので、夕方以降が狙い目です。何枚も撮ったのですが、ピンボケの写真ばかりでしたweep とても残念。
ショーはレストランから、休憩(練習)中のイルカは間近で見ることができました。ちょうどジャンプしてくれたところでシャッターを切れ、あのような写真になりました。イルカは仕方なくではなく、好きでジャンプしているみたいに見えました。賢いので、人が喜ぶということも知っているんでしょうね。

投稿: Laylackさんへ | 2008年7月 5日 (土) 23時52分

ただいまですhappy01
心は少し元気になりました。行って良かったです。これでもう大丈夫!というわけではありませんが、その時その時、いい気分転換をしていきたいと思っています。
美ら海水族館、まだ行かれたことがないのですね。いつかその日が来るのが楽しみですね。巨大水槽、何時間眺めていても飽きませんよ。でも、他にも珍しい海の生き物はたくさんいますので、Hiroさんのカメラの腕は鳴りっ放しになるでしょう。ナイスな被写体がたっくさんある公園です。ぜひぜひ行かれてみてくださいね。

投稿: Hiroさんへ | 2008年7月 6日 (日) 00時14分

ぞうさん、ただいまです。
八重山諸島+本島が新婚旅行の行き先だったのですね。もしかして、宮古諸島も行かれていたりして…。結構長い日程だったのですね。
18年前だと、さすがに美ら海水族館はなかったでしょうか?今とは違う水族館があったのでしょうか?世界にも誇れる巨大水槽は、一見の価値ありです。観賞だけでなく、ヒトデやなまこにも触れるんですよ。なかなか楽しいです。
やはりフルムーンに、新婚旅行先巡りしてみませんか?

投稿: ぞうさんへ | 2008年7月 6日 (日) 00時23分

風音さん、ただいま~happy01
関東も結構暑いですね。でも、やはり沖縄に比べれば大したことないです。向こうで免疫を作ったからか、帰って来てからの関東の気温は涼しく感じてしまっています。主人が「暑いなぁ」と渋面を作っている隣で、「まあまあね」と私。暑いことは暑いですけれどね。
また、沖縄でお友達ができました。作ろうと思っているわけではないんですが、仲良くなってしまうんですよね。他の都道府県ではそんなことないのに…。
心の洗濯、できたと思います。実際、衣類の洗濯はこまめにしていました。タオルも下着も一日何回も取り替えなければなりませんでしたから。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。続きも早く仕上げたいのです。頑張ります。

投稿: 風音さんへ | 2008年7月 6日 (日) 00時31分

あかりちゃん、ただいま~happy01
あかりちゃんが一生懸命お仕事をされている時に、水族館なんて行ってボーッとしていました。こんなゆったりした時間、あかりちゃんにも分けて差し上げたいです。
テレビや雑誌でも、あの巨大水槽の中をジンベイザメやマンタが優雅に泳ぐシーンを見かけます。実物は写真なんかより大迫力です。圧巻の一言。カフェが併設されているので、お茶を飲みながら、何時間でも魚たちの円舞を楽しめます。小さなマンタがとてもかわいいんです。ジンベイザメの食事のシーンも公開されます。その様子にはビックリですよ。一見の価値ありなんです。いつか行かれてみてくださいね。

投稿: あかりちゃんへ | 2008年7月 6日 (日) 00時38分

おかえりなさいhappy01
イルカとの再会あたたかな気持ちになりました!!
わたしも今週末から沖縄へ行きますshine
今回は友達の結婚式なので2泊で短いですが、楽しんでこようと思っていますpisces

投稿: のり | 2008年7月 7日 (月) 11時02分

のりさん、ただいま~。
のりさんは、沖縄行きのがカウントダウンを始めているんですね。暑いですよ~。覚悟して行かれてくださいsun
最近、沖縄で挙式するカップルが増えましたよね。チャペルもたくさんできてきています。そういう私も、沖縄で挙式しようとした口です。でも父が「沖縄までは行けないが、結婚式には出席したい」と言ったので、地元で結婚式&披露宴をすることになりました。今思えば、お化粧も崩れなくて済むのでそれでよかったかな~と思っています。汗かきなもので…。暑いの苦手…。でも沖縄の曲、たくさん披露宴で流しましたnote
お天気に恵まれ、お友達も素敵な結婚式になるといいですね。青い空と青い海に、ウェディングドレスが映えることでしょうring
のりさんも楽しんで来てくださいね。那覇は行くたびに変化しています!

投稿: のりさんへ | 2008年7月 7日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93136/21948411

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄一人旅二日目 ~青の世界~:

« 沖縄一人旅一日目 ~エネルギーの補給~ | トップページ | 洞爺湖サミット厳戒態勢 »