« 沖縄一人旅五日目 ~伊是名島から本島へ~ | トップページ | 沖縄一人旅 ~和みの五枚~ »

2008年7月16日 (水)

沖縄一人旅六日目 ~チムどんどん那覇~

国際通りへ

カーテンをゆっくり開けた。新都心の真新しい街が窓いっぱいに広がっていた。一日前の光景とは雲泥の差。

朝なのに日差しが昼のように強烈。旅行最終日でなければ、Dfs外に出るのをためらうのだが、そうも言っていられない。早々に荷物をまめて、チェックアウト。今日は時間が許す限り、国際通り周辺を散策する予定。

国内で唯一沖縄にだけある路面型DFSギャラリアの前を素通り。海外ならDFSにも寄るところだが、今回は免税品より国際通り。天秤にかけるまでもない。湿度の高さが画像からもわかる。

不要な荷物を駅のコインロッカーに預け、身軽になれば、足取りも軽い。日傘を狙って容赦なく太陽光が攻撃して来るが、那覇に、国際通りにいるという感激が私を支配する。

Jef朝食はお気に入りのjefという名前のファーストフード店で。婚姻届を提出した日(結婚した日)に夫とjefで“ぬーやるバーガー”を食べたことを思い出した。3年前の8月、台風の居座る沖縄へドキドキしながらやって来て、最初に食べたのが、このぬーやるバーガーだった。

jef(http://www.yonabaru.jp/kigyo/jef.htm)は沖縄に5店舗あるファーストフード店で、沖縄独特のメニューを展開している人気店。おじぃやおばぁの姿があることでも有名。

Photoゴーヤーの卵とじを挟んだゴーヤーバーガーの他に、ポークランチョンミートを加えたぬーやるバーガー、タコミートサンド、ゴーヤーリング(ゴーヤーのフライ)、紅いもパイなど、沖縄らしいメニューはどれもおいしい。

国際通りを端から見ていたのでは、飛行機に乗り遅れてしまうので、市場通りを中心に土産物店を覗きながら夫と自分の土産品を探す。アーケードになっているこの通りは、いつ来ても活気がある。見て歩くだけで十分に楽しいのだが、買わずにはいられない。

サトウキビを目の前で搾り、搾りたてのサトウキビジュースが飲めるスーパー、サトウキビ染めの小物などを販売する雑貨屋、サンゴや貝殻のアクセサリーを中心に扱っている宝石店、島酒である泡盛の専門店、文字入りTシャツやかりゆしウェアを所狭しと掲げている衣料品店、観光客相手の箱入り・ケース入りの土産物を店先に積んでいる土産品店、見た目にも驚かされる珍しいフルーツの数々から甘い香りを漂わせている路地販売、沖縄の伝統的なお菓子を手作りしている菓子屋。

何度来ても飽きない懐かしさが、雑踏の中から立ち上る。販売員の年齢が高いのも、沖縄ならでは。イスに腰かけ、何十年も同じ風景を見続けてきた風格がにじみ出ている人もいる。自分のスタイルで店を守っている店主がほほえましい。

市場通りと言うだけあって、一角に牧志公設市場がある。地元の人のみならず、観光客の姿も多い。一階の店で購入した食材を二階の食堂に持ち込めば、安価な手数料で料理を作ってくれるというサービスもある。なかなか愉快な市場なのだ。

田芋(ターンム)の天ぷらと求めているものがハッキリしていた私は、市場周辺を探し回った。紅いもの天ぷらはあるのだが、田芋の天ぷらはない。生の田芋は機内に持ち込めない。でも、夫に一口食べさせてあげたい。必死に探した結果、天ぷらではなかったが、田芋の大学芋をget。にんまりsmile

夫に島らっきょうと泡盛。その他、いろいろ。次第に抑えが利かなくなってきた。荷物も増えたので、手荷物をまとめるハイビスカス柄の大きなバッグも購入。満足満足。

 

空の旅

那覇空港へはゆいレールを利用。那覇空港の一つ手前の赤嶺駅は、日本最南端の駅。そして、那覇空港駅は日本最西端の駅。隣同士。果たして、最北端と最東端の駅はどこだろうか。

いつもなのだが、赤嶺駅から那覇空港駅へ向かう時に、空港の奥に見える海の色にうっとりとなる。神秘的な青が細く揺らめいているのだ。帰りたくない気分にさせられてしまう。

Photo_6  

搭乗手続きを済ませ、グアナバナというフルーツのトロピカルスムージーを飲みながらホッと一息つく。最終日はいつものごとく、生ものの購入にバタバタと忙しくなるが、搭乗前の一瞬、旅行を振り返る時間が持てる。旅行中の出来事が、走馬灯のように駆け巡る。

Photo_4復路も窓側の座席。本島が次第に小さくなっていく。サンゴ礁の海は、乗客を窓に張り付かせる。あちこちから、美しい海を称える賛辞が上がる。

伊是名島を上空から発見。往路も復路も見下ろすことができた。伊是名島で出会った人々の顔が浮かぶ。島には今日も強烈な日差しが照りつけていて、歩いている人などいないのだろう。島ルールは大切だ。

Photo_7奄美の島々の上を通過し、富士山が見えてきた。歌にあるように、頭だけを雲の上に出しているからすぐにわかる。雪は一切ないように見える。富士山も暑いのだろう。

羽田周辺はまずまずの天候のようで、海ほたるのちょうど真ん中を飛び、飛行機は着陸態勢に入った。いくつもの島々を眺めながらの空の旅は快適で、アッという間に帰って来たという感じ。

到着後、空港の展望デッキでしばらく、飛行機の離着陸の光景をぼんやり眺めた。那覇空港の奥に広がっていた海と、今目の前に広がっている羽田空港の奥に見える海はつながっている。地球の裏側ほどの違いがあるように見える。気のせいではなく、空の色も違う。見慣れたグレーの海と空に、一言漏れた。「帰ってきたんだ…」

Photo_8  

結婚後、これほどまでに長い期間、夫と離れていたのは初めて。結局、毎日電話で会話をした。携帯電話の請求が怖い。これまでも一人旅をしてきたとは言え、やはり心配だったのだろう。夫には、不憫な思いをさせて悪かったと思う。

今回の旅の目的は、私が元気を取り戻すこと。出かけしな、「元気にならなきゃいけないと思わなくていい。それがプレッシャーになるとよくない」と言って送り出してくれた夫。プレッシャーを感じることもなく、思いっきり主婦業を休み、羽を伸ばし、笑顔も幾分戻って来た感じはする。しばらくは旅行の余韻に浸り、ゆっくりと普段の生活に戻ればいい。

夫とは、羽田空港近くのcity air tarminalで待ち合わせ。那覇空港で受信した「迎えに行きたいんだ」というメールが嬉しかった。

6日ぶりに顔を合わせた夫は、意外に元気そうだった。夫より元気なのは、もちろん私。夫の私に寄越す羨望の眼差しに、心の中で謝罪。この後、夫は、長時間土産話を聞くことになるのだった。

|

« 沖縄一人旅五日目 ~伊是名島から本島へ~ | トップページ | 沖縄一人旅 ~和みの五枚~ »

コメント

ぴろろさんの旅行記で、私も沖縄の元気を吸収できたように、満足しました。

投稿: fkmamiko | 2008年7月16日 (水) 16時03分

ひとまず、お疲れさまですね!
国際通りの市場でシャコガイが売られていたのを思い出します。食用というのは知っていましたが、その値段が安かったのには驚きました。なんたって観賞用の生きたシャコガイは種類にもよりますけど数十倍はしますからね。あ、すみません。自分の趣味の世界に入ってしまいました。あとはブログに残せない動画を頭の中で整理してください。happy01

投稿: You | 2008年7月16日 (水) 16時31分

ぴろろさんのご主人の優しさ、心の大きさ、
とっても素敵な人と出会ったんだなって
毎回感心しまくってます。(^^)

ゴーヤーバーガーが美味しそう。
珍しい食べ物に、読みながら一人で
「へぇ~」なんて感心しまくりです。

投稿: ケセラセラ | 2008年7月16日 (水) 20時53分

最初の写真、網戸越しか何かなのかなって勝手に思ってたんですが、いやはや、湿度!!恐ろしいですね~。夏の空は白んでいてクリアではないですが、そんなぐらいにムンムンという熱気が伝わってきました!

いつもながらに感心しているのですが、本当に旅慣れていらっしゃいますよね。羨ましく思います。訪れた場所を満喫する術をもっているんだなって。買い物の仕方、計画、時間の使い方など、すごいなぁって思ってしまいます!

沖縄の写真は、やはり別の国ですね。写り方もそうですが、景色がすでに違います。いいですよね~。成田に着いた現実が写真に現れています。僕もカナダから中部国際空港に到着したとき、同じように感じました。

たのしかったです、沖縄!ぴろろさん!

投稿: Laylack | 2008年7月16日 (水) 21時43分

おかえりなさいpaper。素敵な旅だったみたいですね。私も続くぞー。岡山県民の私は夏の石垣ツアーは那覇空港経由の石垣入りです。石垣直通の飛行機は岡山空港にないんですよね。田舎だから直通は東京・北海道・那覇・鹿児島くらい。国際線は中国・グアム・ソウルのみ。(でも、岡山空港は駐車料金無料なので、その点は自慢です。お土産たくさん買っても車で帰れちゃう~。ま、無料にできるくらい山の中に建っているわけですが・・・)乗り換えの都合上那覇空港で2時間ばかりふらふらするわけなんですが、お勧めの過ごし方とかありますか?よければ教えてくださいheart01

投稿: onomot | 2008年7月17日 (木) 02時37分

一ヵ月後には宮古島ですね。名護在住の方がおっしゃっていたのですが、「今年は台風の当たり年になりそう」だとか。せっかくの家族旅行、お天気に恵まれることをお祈りしています。旅行は、天気次第ですいぶん出かける範囲が変わってしまうものです。短い日数の滞在なら予定もいろいろ詰まっているでしょうから、予定通りの旅行になるといいですねwave
元気に笑顔で行ってらしてください。

投稿: fkmamikoさんへ | 2008年7月17日 (木) 09時25分

やっとのことでアップし終わりました。読んでいただき、ありがとうございます。しばらくは、短めの記事にします。
市場でシャゴガイが売られているんですか?まぁ!私、見たことがありません。家に殻が一つあります。主人のなんですが、どうやって入手したのだろう???今度、聞いてみます。観賞用にもなっているんですか?シャコガイの知識、私、全然ないです。Youさんのコメントでビックリcoldsweats02  魚や貝を水槽の中身として見ると、サイズや価格に目が行きますよね。私はもっぱら食用のみ。えへへcoldsweats01

投稿: Youさんへ | 2008年7月17日 (木) 09時37分

主人のこと、褒めてくださりありがとうございます。いろいろな人に褒めていただくのですが、本人曰く、私がよく書きすぎているからだとか。正直に書いているつもりなのですけれどね。ブログでは、素直な気持ち、事実だけを正直に綴ろうと誓っていますので、偽りはありません。
沖縄には本土にはない食材、料理などが豊富です。私も「へぇ!」「ほぉ!」「わぁ!」の連続でした。右を向いても、左を向いても珍しいものだらけ。本当にここは日本なのか!と疑いたくなるほどでした。まぁ、確かに、日本になって日は浅いですが…。
ゴーヤーバーガー、おいしいですよdelicious  私はポークが入ったぬーやるバーガーの方が好きです。jefは沖縄だけの展開ではもったいない気がします。もっとあちこちに出店してほしいと思っているのですが…。ファーストフードと言えど、近くにあれば、週一くらいで行ってもいいかも。夏季限定で、ゴーヤードリンクもあります。ニガッbearing

投稿: ケセラセラさんへ | 2008年7月17日 (木) 09時52分

青空が広がっているにもかかわらず、ジットリ汗がにじんでくるような重たい空気が肌にまとわりつきます。沖縄は高温多湿ですmist
旅慣れていますでしょうか?旅行は本当に好きで、これまで数え切れず…。年間80万円も費やして旅行していたころは、さすがにお金のかけすぎに反省しました。仕事に就いていた時期で、休日数が人並だったのにもかかわらず、長期休暇になればポーンと海外へ行っていましたね。スーツケースの荷物まとめがうまくなりました。若い時は海外、年取ったら国内と思って…。年寄りとまでは行かない今は、国内でも遠い沖縄です。国際通りから那覇空港まで、行き方も所要時間もわかっているので、ついギリギリまで遊んじゃいます。ちなみに、今回の旅行には、地図を一枚も持って行きませんでした。そのことに気づいたのは、初日の名護へ向かう高速バスの中でした。無意識のうちに、今回は地図不要と思って用意しなかったんですね。
那覇空港と羽田空港の写真を並べたかったです。どちらも海の近くなので、海と空の色の比較をしたくて…。東京は空気までもが淀んでいました。

投稿: Laylackさんへ | 2008年7月17日 (木) 11時26分

初石垣島、楽しみですね~。迫ってきましたね。台風さえ来なければ、とびっきりの風景がonomotさんを待っていますよsunsunsun
那覇空港での2時間なんて、アッという間に過ぎちゃいますよ。再度セキュリテーチェックを受けることになりますが、到着ロビーから一度出ることをおススメ。
那覇空港の2F出発ロビーは、見切れないほど、土産屋やカフェなどが入っています。行きにお土産を買うのもなんですが、石垣島では売っていないものもあります。特にCDは石垣島にはなかったので、ここで見ておくと良いでしょう。私は八重山のDVDを見つけ、同じ商品を銀座で購入しました。事前チェックにも有効です。沖縄出身者のCDもあります。ブルーシールのアイスクリームやシークヮサージュースなどを飲んで気分を高めるのもいいですね。コンビニもありますから、せっかくなので、沖縄らしいテイストのものを楽しまれてはいかがでしょうか。それから、沖縄県でしか手に入らない県産本を買うのもいいですよ。
今回の旅行では、到着時に、那覇空港の1Fにある「そば処 琉風」でソーキそばを食べました。空港に入っている食堂にしてはおいしかったです。バスの時間が気になったのですが、すぐに提供されました。
帰りは、2Fの滑走路に面したカフェ「Snack Court」で、トロピカルスムージーの飲みました。座席数も多く、ゆっくりできます。スムージーもほてった体にはちょうどいい潤いをもたらしてくれ、goodgoodです。チラッと見える海の美しさに後ろ髪引かれる思いでした。

投稿: onomotさんへ | 2008年7月17日 (木) 12時40分

力作の旅行記でしたね!
ぴろろさんの沖縄への思いにあふれたもので、単なる観光旅行じゃないところがとても好感もてます。
 車窓からの美しい海、白い入道雲が浮かんだまぶしい青空、私も機会があったら出会いに行きたいです。その時はご相談しますね(笑)。
 何より、元気になってよかった!ダンナさまに感謝も忘れないのはえらいです。私はおととい、仕事のやり方をめぐって大喧嘩したので、反省です(笑)。見習わなくては。
 

投稿: ぽんすけ | 2008年7月17日 (木) 18時01分

モバイル持参だったので、旅先でブログをアップしていこうと思ったんですが、やはり無理でした。沖縄滞在中は、ブログ更新なんて気にしないで、思いっきり楽しまなきゃですね。ようやく全日程アップできてホッとしています。長らく読んでいただき、ありがとうございました。
4月に八重山諸島へ8日間も行って来て、6月に本島へ行かせてもらえたこと、主人には心から感謝しています。夫婦でも、こういった気持ちは忘れてはならないと常日頃から思っています。自分の考えを素直に言えないようでは夫婦ではありませんから、時にはぶつかることもあるでしょう。それでいいと思いますよ。主張したいことは主張して、仲直りする。そうやって、夫婦の絆は深まるのです。
今となっては、沖縄は単なる観光旅行ではなくなりましたね。ぽんすけさん、いいことおっしゃる!期間中、そういった日もありますが、できるだけ、地元を人々とのふれあいを楽しんでいます。だから民宿に泊まるんですよね。今回は本島では全てホテルでしたが、伊是名島では民宿でした。島ならではのおもてなしを受け、いい思い出ができました。
ぽんすけさんも、もし機会があったら、足を運ばれてみてください。何でもご相談に乗ります。ご自身の中で、何かが変わるかも。私は人生が変わりましたよ。

投稿: ぽんすけさんへ | 2008年7月17日 (木) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93136/22288567

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄一人旅六日目 ~チムどんどん那覇~:

« 沖縄一人旅五日目 ~伊是名島から本島へ~ | トップページ | 沖縄一人旅 ~和みの五枚~ »