« ぼちぼちとは? | トップページ | 眼科で視力検査 »

2008年1月31日 (木)

確定申告&住宅ローン控除

行って来た、確定申告。やっと終わった。疲れた。

会場に到着したのは12時15分ごろ。先週とは打って変わって、書類作成台は多くの人で混んでいた。すでに入場制限がかかっており、10分ほど並んで作成台へ案内された。

ちょうど職員が昼食の交替時間のため、手薄であるという説明があったが、本来の人数の職員が揃った後も、手を挙げて質問する人は減らない。ずっと挙げている腕が痛くなってしまうほど、待たされた。「つきっきりにはなれませんので、わからない箇所が出て来た時点で手を挙げてください」と言われた。仕方がないルールなのだろう。

結局、確定申告と住宅ローン控除の計算書を作成し終わったのは、作成台へ案内されてから1時間40分後だった。ずっと立ちっぱなしなのも辛いが、事前にもらっていた資料を熟読して臨んでいるにもかかわらず、これほど時間がかかるのかと、自分でも嫌になった。

先週もらった資料を夫と一緒に読み、申告書の記入箇所を埋めようと努力はしたものの、ほとんど無記入のまま、申告に行くことになった。どうしてあんなに、資料で使われている言葉は難しいのか、もっと分かりやすい説明はできないのか、今まで誰も訴えたりしなかったのか。疑問はいくつも残るが、きっとそんな一申告者の意見など、聞いてはもらえないのだろう。来年の資料も、今年の年度を直すくらいしかしないのだろう。

会場を後にしても、試験が終わった後のような解放感は感じられず、ただ疲労感ばかりが満ちていた。休憩のために腰を下ろしたベンチで、しばらく動けないほどだった。

メールで諸手続きが済んだ報告を受けていた夫は、ケーキを買って帰宅した。私の労を優しく労ってくれた。夫の顔を見て、一気に疲れが吹き飛んだ。

|

« ぼちぼちとは? | トップページ | 眼科で視力検査 »

コメント

ぴろろさん
お疲れ様でした!一仕事終えましたね。ところで還付の使い道って決めてますか?うちは毎年、指定口座に振込まれたかどうかの確認すらしていせん。でも今年は改めようと思ってます。学校を出てしまうと、とかく日常に流されがちな毎日ですから、何か意識的にポイントを作らねば、と。追加出資もして、家族で食事に行くとか、イベントにしたいと思います。( 実行できるかは分かりませんが )

投稿: あかり | 2008年1月31日 (木) 18時41分

随分かかりましたね。お疲れ様でした!
ウチの場合、2年目以降は税務署で印刷された書類がまとめて(5年分?)送られてきて、毎年それを職場の年末調整に出すだけでした。そんな仕組みになっていると幸いですね。

投稿: fkmamiko | 2008年2月 1日 (金) 20時02分

あかりちゃん、こんにちは。コメントが遅くなり、すみません。
還付金の使い道…。特に決めていません。還付金は、今回が初めてです。2ヶ月くらいで入金されると言われましたので、そのくらいになったら、記帳して確認するかもしれませんが…。
うちはきっと貯金といいますか、そのままにしておくと思います。特に何に使おうとかは考えないですね。いつかイレギュラーな出費の時に還付金という意識なく、使ってしまうといった具合でしょう。ちょっとした臨時収入(適切な表現が思いつかず)があっても、贅沢をしようというふうには今までは考えませんでしたので、今回もそうなると思います。大きな声では言えませんが、余裕がないもので(^^)
でも、あかりちゃんが考えられていらっしゃるように、ご家族でいつもとは違うふうに過ごされるのも一手だと思います。家族とのイベントは多い方がいいです!

投稿: あかりちゃんへ | 2008年2月 2日 (土) 11時26分

fkmamikoさんは、税理士さんに依頼をされていらっしゃるわけではないのですよね?2年目以降になると、そういう仕組みになっているのでしょう。
確かに何かで調べたら、「転居した翌年(初年度)の確定申告だけは、自分でしなければならないが、2年目以降は税務署へ行かなくてもいい」とありました。来年からはfkmamikoさん家みたいに、楽になると思います。大変な思いをするのは今回だけ今回だけ(^^)

投稿: fkmamikoさんへ | 2008年2月 2日 (土) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼちぼちとは? | トップページ | 眼科で視力検査 »