« マンションを購入する上での妥協点 | トップページ | ゴールデンウィークに車で帰省 »

2007年3月16日 (金)

不動産会社に3時間

今日は不動産会社へ、契約日の延期を依頼するために訪れた。先日内見したマンションの購入は、私たちの中では決定となっていた。ただ…。

毎日読みふけっているマンション購入に際しての注意点やアドバイスを記した本に、重要事項説明書を事前に取り寄せて、熟読した上で契約に臨むのが望ましいと書いてあったので、不動産会社へお願いして、取り寄せてもらうことにした。それを読んだ上で、契約に臨みたいと思ったのだ。

焦っても仕方がないと思った。私たちが契約を延ばしている間に、誰かがスッと契約してしまう虞があるのも承知の上である。それならそれで、このマンションに縁がなかったと諦めるしかない。縁があるなら、急いで契約に踏み切らなくても、購入できるものだと信じている。

覚書と題された「管理規約」(重要事項説明書は管理規約のことだと不動産会社に言われた)は、37ページにも及ぶものだった。不動産会社の話では、どこのマンションも同じような内容になっているということだった。だから心配無用というのだ。
私たちも、最初は不動産会社に対して全く不信感を抱いていなかったと言えば嘘になる。買わせたいと思うのが不動産会社の心理だろうから、欠陥マンションとまでは言わないまでも、それなりの価値のあるマンションでなくても、どんどん売ろうと躍起になるのではないかと思ったのだ。ど素人が専門家に丸め込まれないように、私たちもない知恵を振り絞った。

昼食を不動産会社の方たちと共にした。すっかり、ごちそうになってしまった。雑談を交えながら、長時間居座ってしまっていたことに驚いたが、嫌な顔一つせずに応対してくれる担当者には感謝である。

夫の昼休み時間を狙って電話をかけた。契約を延ばすか、最初の予定日に行なうかを確認するために。やはり夫は「重要事項説明書を読んでから契約したい」と言った。慎重な夫の姿勢に脱帽である。彼に任せておけば、間違いないと思った。これから、37ページにわたるの法律の塊を、噛み砕く作業が待っている。

|

« マンションを購入する上での妥協点 | トップページ | ゴールデンウィークに車で帰省 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動産会社に3時間:

» 新築マンション購入ガイド [新築マンション購入ガイド]
新築マンション購入ガイド では、新築マンションの購入を検討されている方への情報サイトです。新築分譲マンションの選び方のポイントやマンション用語集などを提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 08時01分

» 仮登記 [宅建]
所有権保存登記や所有権移転登記などの本登記をする前に、あらかじめその順位を確保するために行う予備的な登記のこと。一定の要件がそろったときに本登記を請求できる。たとえば売買の予約をしている場合は、登記簿に「所有権移転請求権仮登記」といった形で記されている...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 01時49分

» 善管注意義務 [宅建]
 善管注意義務とは「善良なる管理者としての注意義務」の略。他人から借りたり預かったり、管理を任されているものを、職業上や社会通念上、客観的に期待される程度の注意をもって扱うことを求められること。民法で定められた義務の一つ。注意義務を怠って何らかの損害や損...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 15時43分

» 重要事項説明書 [宅建]
重要事項説明書重要事項説明書とは、不動産の売買契約や賃貸契約において、買主や借主の権利を保護するために、売主、貸主またはその仲介者として契約をする宅建業者が、契約上の重要事項について、書面にし、買主や借主に交付するもの。契約上の重要事項は、宅建業法...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 22時09分

« マンションを購入する上での妥協点 | トップページ | ゴールデンウィークに車で帰省 »