« 不二家の問題は昔から | トップページ | 靴下縫合 »

2007年1月12日 (金)

冬休みのバイト終了

コールセンターでのアルバイトは、結局、一日で終了となりました。

 

研修まではよかったのですが、実際コールセンターでの実務は、緊張しっぱなしだったせいか、終了後、極度の疲労と体調不良を引き起こし、寝込んでしまいました。そのため、冬休み期間中10日間前後働くことを予定していたにもかかわらず、研修1日+実務1日で終えることになってしまいました。契約は1日からOKというものだったので、特に契約違反にはならなかったことが幸いでした。

 

ノルマがあったわけではないのですが、リコール商品のコールセンターだったので、どんな心理状態の方から電話がかかってくるかわからないといった状況が、私には向いていなかったようです。電話口で謝罪することに関しては全く抵抗がなかったのですが、それぞれの状況に応じて、マニュアルにあるように話を進めていくことが難しかったです。
それと、スーパーバイザーと呼ばれている人たちの存在。困った状況に陥ったら手助けをしてくれる人たちなのですが、そればかりではなく、私たちの見張りの役割も担っており、休憩から戻ってくる時間が少しでも遅いと注意をしてきます。電話が取れる状態の「受付可」ではなく、電話がつながらない状態の「後処理」のままだと、「どうかしたのか?」と声をかけられてしまいます。勤務中、ずっと、見張られている感じは拭えませんでした。それも、疲労困憊となってしまった一因だったと思います。

 

合っている合っていないの判断は、実際に行ってみないとわからないことが多いですが、アルバイトだとしても、いい加減に勤務はできないので、始める前に十分に熟慮して取り組みたいと反省した今回の一件でした。

|

« 不二家の問題は昔から | トップページ | 靴下縫合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93136/4952129

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みのバイト終了:

« 不二家の問題は昔から | トップページ | 靴下縫合 »